メニュー

水銀灯とLED照明 | LED照明製造・販売・開発・OEM・ODM (株)グッドグッズ

最終更新日:2018年06月21日(木)

水銀灯(すいぎんとう)とは

照明の一種。ガラス管内の水銀蒸気中のアーク放電により発生する光放射を利用した光源である。高圧水銀灯と低圧水銀灯に分れ、通常水銀灯と呼ぶときは前者を指す。

高圧水銀灯については、発光管の素材に石英ガラスが用いられることが多いため石英灯 、石英水銀灯などと呼ばれることもある

特徴

放電管としては構造が比較的単純で、起動も容易なうえ、中庸な効率を持つため、特に大型(2 kWまで)のものが廉価に製造できる。近年では水銀灯同様の構造を持ち、演色性や効率のより高いメタルハライドランプ、高圧ナトリウムランプに置き換えられつつある。 日本では、代表的な使用法として街灯や体育館、ガソリンスタンドなどの照明器具に使用されることが多いが、日本国外ではあまりない。なお光害で問題となるのは主に水銀灯の緑がかった光である。

水銀灯の写真

led-mlampandlightingimg1.png

LED照明(エルイーディーしょうめい)とは

発光ダイオード (LED) を使用した照明器具のことである。2017年現在、照明器具の主力光源となっている。LED照明に求められる白色の発色には青色の光源が必要なため、1990年代に青色LEDが発明されるまでは可視光LEDを使ったLED照明を作ることは現実的ではなかった。ブルーライトを伴った高輝度のLED照明が普及し環境や健康に有害であるため、2016年にはアメリカ医師会が、運転や睡眠、生態系に与える影響を低減するためにそれらを低減するためのガイダンスを作成している。

特徴

白熱電球や蛍光灯の数倍以上の設計寿命で、一度設置すれば管球交換のような頻繁な交換の手間が省け、LED照明が寿命を迎えるまでの管球の購入コストを削減できる。ただし定格を超えないように設計されている必要がある。また、LEDそのものは長寿命でも、LEDを駆動するための電子回路にも故障が発生する可能性がある。例えば地面に落下させた場合、部品点数が多い分、半田割れで故障する可能性が高くなる。

LED照明の写真

led-mlampandlightingimg2.jpg