メニュー

人感センサーについて | LED照明製造・販売・開発・OEM・ODM (株)グッドグッズ

人感センサーって人を感知して反応するセンサーですが、色々種類があるんですよ。

どんなしくみで反応しているんだろう?な疑問と、家でどんな所に利用出来るのか?紹介していきます♪

<人感センサーの種類としくみを知ろう>

便利な設備が増えてきて、何でも自動で動いたりする家電も増えてきましたよね♪そんな自動で便利なものの中で「人感センサー」が使われているものがあります。

この人感センサーは、人を感知するセンサーなんですけど、人の何を感知しているの?と思いませんか?そんな人感センサーのしくみと種類を紹介していきます。

<人感センサーに使われるセンサーの種類>

・熱センサー

赤外線を使って周囲の温度変化を感知する事で、変化を感知した際に動く。人の熱(赤外線)を感知して動作をする。

光センサー色んな色の光の波長違いを利用して、その光りの反応によって物の大きさ・長さ・物理量・位置・段差・変位・外観を検知する事を利用して、変化に反応して動作をする。

・音波センサー

音の反応により、物の大きさ・長さ・物理量・位置・段差・変位・外観を検知する事を利用して、変化に反応して動作をする。

・音感センサー

音に反応して動作をする。

・タッチセンサー

人が触れる事で、人の静電気を感知して動作をする。センサーは他にもあるかもしれませんが・・・、以上のものが主に人の動作を検知して動作を起こしてくれるので、人が手動でしなくても自動で便利になっています。具体的にどんなものがあるのかご紹介します。

<センサーが使われている物や場所>

・照明(屋外・屋内など)

・電球

・家電(トイレ・エアコン・暖房機・扇風機・自動掃除機など)

・インターフォン、チャイム

・監視カメラ

・防犯カメラ

・防犯セキュリティ

・自動ドア

・自動販売機

・ATM

・自動トイレ

・自動水栓

・エアータオル、ジェットタオルなどなど。私たちの主に家などに関しては、電気を使う物に多く使われていますね。センサーの感度は、気温(○℃~△℃)までや明るさ(薄暗い所では反応しない)など種類によってセンサーが動く環境条件があるものもあります。