メニュー

製品情報 LED投光器 LDT-160 | LED照明製造・販売・開発・OEM・ODM (株)グッドグッズ

HOME製品情報LED投光器 LDT-160

LED投光器 LDT-160

LDT-160IMG1.jpgLDT-160IMG2.jpg LDT-160IMG3.jpgLDT-160IMG8.jpgLDT-160IMG4.jpg
  • LDT-160IMG1.jpg
  • LDT-160IMG2.jpg
  • LDT-160IMG3.jpg
  • LDT-160IMG8.jpg
  • LDT-160IMG4.jpg
 
基本情報
品番 LDT-160
商品名 LED 投光器
製造元 株式会社 グッド・グッズ
ブランド GOODGOODS
発売日 平成28年6月
メーカー希望小売価格 15,000円(税抜)
光色 昼光色
全光束 16000lm
消費電力 100W
入力電圧 AC100V-240V
ロット数/重量 4 / 約18.6㎏
ロットサイズ W440*H370*D230 mm
JAN(GS1)コード 4571461860992
 
 
製品情報
品番 LDT-160
消費電力 100W
入力電圧 AC100V-240V
周波数 50/60Hz兼用
全光束(明るさ) 16000lm(光源の値に準ずる)
ランプ効率 160lm/W
発光色 昼光色(6000K)
光源数 LEDチップ×160個
演色性 >Ra80
照射角度 160°
ステー調整角度 360°
使用温度 -30°C~50°C
防水等級 IP65
コード 全長約2m
スタンドのサイズ W250*D4 mm
サイズ W360*H268*D41.5 mm
重さ 約3.8kg(本体)
材 質 アルミニウム合金+強化ガラス
セット内容 投光器本体、プラグ(別途付属)、保証書、取扱説明書
仕様
LDT-160IMG5.jpgLDT-160IMG6.jpg LDT-160IMG7.jpg
特長

●100Wと大容量ながら厚み41.5mmと薄型設計を採用。コンパクト設計により設置用とも広がります。

 

●中央のLED発光部には防眩フィルムを使用。LEDの刺激の強い光を柔らかく広げます。

 

●PVDアルミ鏡面加工により発光角度は最大160度を実現。広範囲を照らす仕様となります。

 

●スタンド部は可動域上下270°。広く照射方向を設定できます。

 

 


こだわりポイント
瞬時に点灯: 応対速度の速いLEDは、瞬時に通電点灯が可能。工場や暗い倉庫などにも最適
電気代の削減: 水銀灯に比べて 電気代1/3 白熱灯・蛍光灯に比べて 電気代1/4
軽量・コンパクト: 各用途に合わせたデザイン 明るさとコンパクトの両方を実現
紫外線が発生しない: 虫がよりにくく衛生的 デリケートな製品が劣化しにくい 視力低下の抑制
低発熱・赤外線フリー: 火災の発生リスクの抑制 熱を嫌う照射面にもLEDは最適 冷房の節約にも
他ポイント: 電波が殆ど発生しない 低電力で高出力の為、他社より照度が高い
オリジナルデザイン CE認証 メーカー保証1年付き
使用動画(使用方法)
LDT-160IMG8.gif
注意事項

安全上のご注意:

人への危害、財産の損害を防止する為、必ずお守りいただく事を説明しています。

■火気を近づけてはいけません。

・製品が発火する原因になります。

・異常・故障時には直ちに使用を中止します

・異常があったときには、使用を中止しいます

・煙が出たり、異常なにおいや音がする

・内部に水や異物が入った

・電源プラグが異常に熱い

・本体や電源コードやプラグが破損した

・そのまま使うと、火災・感電の原因になります。

・ACを使っている場合は、電源プラグを抜いてください。

・電源を切り、電気屋さんにご相談ください。

■分解・修理・改装しない

火災・感電の原因になります。

■機器内部に水をかけたり、ぬらしたりしない

火災・感電・けがの原因になります。

●ぬれた場合は、すぐに電源プラグを抜いて使用を中止します。

■電源コード・電源プラグを破損するようなことはしない

(傷つける、加工する、熱器具に近づける、無理に曲げる、ねじる、引っ張る、重い物を載せる、束ねるなど)

傷んだまま使用すると、感電・ショート・火災の原因になります。

■前面ガラスなどの部品類が破損した場合はそのままの状態で使用しないでください。

火災・感電・落下のおそれがあります。

■器具の改造、部品の変更は行わないでください。

落下・感電・火災等の原因になります。

■下記の使用環境・条件では、使用しないでください。

●浴室 ●サウナ風呂 ●湿気の多い所 など

■温度の高くなる物(ガスレンジやエアコンの吹き出し口など)の近くに設置しないでください。

過熱によるカバーの変形や火災の原因となります。

過熱して、発煙や発火、LEDチップの寿命の短縮の原因となります。